乳癌は転移することもあるので早めの早期治療を行おう

予防法を知る

足

聞きなれない脚の病気の1つに下肢静脈瘤という病気があります。下肢静脈瘤はゆっくりと進行していくので、気付きにくい脚の病気です。しかし、放っておくと、脚の表面にボコボコとした、しこりの様なものが浮き出てきます。このできものの正体は血管です。これは、血液の流れが悪くなることが原因で起こります。一度下肢静脈瘤を発症すると自然に治る事がありません。しかし、普段の生活の中で下肢静脈瘤を予防することが出来ます。

下肢静脈瘤を予防することが出来る方法はいくつかあります。まずは、適度な運動をすることです。起床後に軽くストレッチをしたり、体操をしたりして身体を動かします。お家で犬を飼っている人は、飼い犬の散歩をするのも良いでしょう。激しい運動をしなくても、軽く運動を行う事だけで良いので、高齢の方も無理なく気軽に始めることが出来ます。次に、食生活です。揚げ物や、味の濃い食事ばかりしている人は、血液環境に影響を及ぼす可能性が高くなるので、見直す必要があります。一汁三菜のようなバランスのとれた食事を心掛けましょう。仕事などで立ちっぱなしの人や、逆に座りっぱなしの人は、軽く脚を動かしたり、休ませてあげることを意識して行うことで、血流が良くなります。また、女性は締め付けのある下着や衣服、ハイヒールなどの身体に負担が掛かるものを身につける事が多いです。休みの日などは身体に負担が掛かりにくい、ゆったりと余裕のある服装を取り入れて、身体を休ませることも大切です。これらの予防法は下肢静脈瘤だけでなく、他の病気を予防する事も出来ます。