乳癌は転移することもあるので早めの早期治療を行おう

検査の必要性

ハートを調べる人

心臓ドックで行われる検査には、心筋梗塞の前兆を知る為に役立つ心臓の超音波検査や血液検査、心電図検査などがあります。心臓ドックを受けることによって、心臓の病気を早期に発見できるので、胸痛がある人や、動悸がある人、平坦な道でも歩いていると息切れがしてしまうなどの症状がある人には、特に人気があります。このような症状がある場合には、心臓に病気が隠れている場合があるからです。人間ドックと併用して受けることが可能な施設や、心臓ドックだけを単独で受ける施設など、場所によって様々なので、あらかじめ調べておくことが必要です。

このような心臓ドックで調べる検査の項目の一部には、人間ドックのオプションで追加できるものもあります。例えば、心臓に負担がかかってくるときに上昇するホルモンを調べるBNP検査は、血液検査の一種なので人間ドックで行う採血のときに一緒に血液を調べるということもできます。また、心電図検査は人間ドックの基本コースに含まれていることが多く、その波形を専門の循環器の医師がみているので、心電図に異常がでる病気においては人間ドックでも良い場合があります。しかし、運動するなどの負荷をかけなければ異常な波形が出てこない場合や、何か病気の発作が起きた時の心電図が必要なこともあり、人間ドックの心電図だけですべてを網羅できるとは言えません。