乳癌は転移することもあるので早めの早期治療を行おう

病院を受診して早期改善

ウーマン

さまざまな治療法

原因不明のめまい、食欲不振、しびれ、体の痛みなど、さまざまな不定愁訴としてあらわれる自律神経失調症は、病院を受診しても一般的な検査結果では異常なしと診断されてしまうことが多くあります。しかし、一時的なものだろうと軽視して、なにも対処せずにそのまま放置してしまうと、さらに深刻な身体症状やうつ症状に陥ってしまうこともあるので注意が必要です。自律神経失調症が疑われる場合には、なるべく早めに自律神経失調症を治療できる専門の医師に診てもらうことで、根本的な症状の改善につなげることができます。また、自律神経失調症には薬物療法をはじめ、食事療法、運動療法、心理療法、理学療法などさまざまな治療法があるので、自分に合った治療法を見つけて、根気よく続けていくことも大切です。

自律訓練法による治療

最近では、薬物療法などと並行して心理療法を行う病院も増えています。心理療法の中で最もポピュラーな治療法は、心身をくつろがせるための自律訓練法です。自律訓練法は、自分自身に暗示をかけることで、心身をリラックスさせて自律神経のバランスを整える治療法です。特別な器具がなくても、空いた時間を使っていつでも手軽に行うことができるのが特徴で、自分の症状や弱い部分に合わせて行うことができます。自律訓練法には、全身をリラックスさせる標準公式、特定の器官にポイントを絞ってリラックスさせる特定器官方式、自分の意志によって症状が起こることを防ぐ意志訓練方式などがあります。自己流でマスターするのが難しい場合でも、病院ではカウンセラーが個別に指導をしてくれるので安心です。内科では他にも更年期障害などといった症状の治療もしてくれます。更年期障害は人によっては大変つらい症状が出てしまうので、できれば早めに対策したいものです。そのため、頼れる医師を探しておくと良いです。